月々50万円〜の超安定収入
安定するからこそ、複利が生きる

本当のお金持ちがやっている投資は
「お金が減らない投資」です。

勝ったり負けたりする投資では、
一生お金持ちになることはできません。

お金が減らないからこそ、
収入を投資に入れられるのであり
収益が積み重なり、最終的に
リタイヤするほどの資産が形成されるのです。

お金が減る投資は複利運用をすると
1回の負けのリスクが高まりますが
負けない投資であるなら
安心して複利運用できるということです。

つまり…

貧乏投資家は「100倍のリターン」を夢見て資金を減らす
金持ち投資家は
「堅実な安定投資の複利」で財を成す

本当にお金を持っている資産家ほど
リスクの低い投資ばかりを選びます。

財を成している人ほど、その傾向は顕著に現れます。

なぜなら、投資で成功する人は
お金を増やすことよりも
損をしないことに重きを置いているからです。

堅実な投資といっても
金持ち投資家の手法は
月利10~30%を叩き出すので
決して地味ではありません。

むしろ、リスクリターンのバランスで
ここまで優れている手法は
他にないといっても良いでしょう。

負けない投資なのに、そこそこ儲かる。

第2の給料といってもいいぐらいの
安定収入が生まれているのです。

なぜ、ここまで安定して儲かるのか?

それは、金持ち投資法の異質なトレード法にあるからです。

超安定する理由は
上がっても下がっても儲かる
"幅を取る"トレード法だから

金持ち投資法で行う運用は
株やFXのように上げ下げを当てる方法ではありません。

相場が上がっても下がってもどっちでも儲かる方法です。

幅を取るトレードだからこそ
毎月安定した収入が得られるのです。

一般投資家にはメジャーではありませんが
プロの投資家で独立する方は
この方法で食べている方も大変に多いです。

なぜなら、他の投資法に比べて
極端に勝ちやすいからです。

株やFXに慣れている人だと
困惑されるかもしれませんが
実際にそういった市場が存在します。

仮にあなたが、この市場でトレードをされたことがあるなら
「大損」をしたことがありませんか?

それこそ、一度の損失で全財産を失うほどの損失を
経験されている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、金持ち投資法にはそういったリスクはありません。

実際に…

70勝2敗のうち、2敗のマイナスは
リスクリワード1:1以下の微々たるもの

通常、この市場でトレードすると
一度のマイナスで全財産を飛ばしてしまう
ことがあります。

通称、「裸売り」と呼ばれる手法で
全財産を失った人も何人かいることでしょう。

しかし、金持ち投資法では、裸売りでの運用はしません。

アマチュアでは、裸売りを推奨している方が大変に多いのですが
プロの業界では誰一人、そんな戦略をとっている人はいないのです。

金持ち投資法では、ヘッジをかけているからこそ
万が一の負けるタイミングでも微々たる損失で済みます。

だから安心して複利運用が可能なのです。

私は投資助言業として国に登録しているため
嘘を言うと国から資格を剥奪されます。

上記の数字は国に提出している真実の数字です。

1000名超の全員が成功する秘訣は
助言業だからできる"相場の答え"
LINEで配信しているから

私が全員に勝たせることができる理由は
ロジックだけでなく
エントリー価格、タイミング、決済まで
その全てを具体的に指示しているからです。

また、忙しいトレードではなく
月に数回なので、全く忙しくありません。

どんなに忙しい会社員でも
同じ条件で全員が取り組むことが可能です。

全員が取り組み、全員が儲かり
全員で金持ち投資家になること。

これが今の私の目標です。

勝ったり負けたりして一喜一憂し
結果的に資金を減らしてしまう
貧乏投資家になるのは辞めましょう。

堅実に安定した収入を得続けて
最終的にリタイヤできる
金持ち投資家への道を進むのが
最もストレスなく成功する近道です。

ぜひ以下から登録し
金持ち投資法のLINE配信を
受け取ってみてください。

あなたに金持ち投資法の可能性と
現実的な利益、そして
2つ目の収入源をプレゼントします。

経歴

スミセイ・グローバル投信、三井住友アセットマネジメント等に在籍しファンドマネージャーとして10年以上の運用キャリアを持つ。日本株バリュー型ファンド、バランス型ファンドを担当し総額250億円以上を運用した実績。

在籍時に日経マネー社主催の日本ベスト・オブ・ファンド投信部門で2位に選ばれ、モーニングスターでも4つ星の評価。 当ファンド内でトップクラスの成績を叩き出す。

その後、独立し、グローバルアセットパートナーズを設立。
自己資金で運用しながら設立以来、70勝2敗という投資助言業として異例の成績を出し続ける。

雑誌の特集記事の掲載実績、出版実績など多数。